低用量ピルの基礎知識

低用量ピルは、避妊のための薬という認識が多くされています。
また、若い世代の人であったり、風俗、キャバクラなどに勤めている方の場合、基礎知識について誤解していることがあるため、複数の異性と営業のためのセックスをおこなってしまい、その結果、妊娠をしてしまった、そのようなことがあります。
低用量ピルを飲んでいたのにおかしいと誤解をされているケースがありますが、低用量ピルを飲んでいれば、必ずしも妊娠をしないということはありません。
そのため、基礎知識がなかったことから、低用量ピルを飲んでいたのに望まない妊娠をしてしまい、トラブルが多発する事例がたびたびありますが、低用量ピルを飲んでいるから、何をしても大丈夫、ということには決してならないのです。

また、妊娠とは別に、低用量ピルには、月経困難症を改善できるという使い方もあります。
この場合、月経困難症、生理痛が激しく酷い方に処方がされる場合には、他の医療機関で何か別の薬を飲んでいないかなどの確認がされた後から、産婦人科医さんや婦人科のお医者さんから、低用量ピルの基礎知識について説明があった後、月経困難症をなおすために、少量からピルがつかわれます。
少量からはじめる理由として、個人差があり、ピルのせいでかえって体調が悪化してしまうケースがあるからです。
そのため、少量の低用量ピルを飲むことからはじめ、様子を見ながら、通院などをおこない、月経困難症を治していくケースがあります。
また、少量などの量については、その人の持っている他の病気など、または年齢なども加味されて、量が個人ごとに異なっているケースもあり、必ずお医者さんから、詳しい説明があり、処方がされます。