• ホーム
  • 低用量ピルでは避妊効果が弱い?

低用量ピルでは避妊効果が弱い?

薬を飲んでいる女性

低用量ピルでは避妊効果が弱いのでしょうか。
低用量ピルはその名の通り成分がモーニングアフターピルよりも少ないのが特徴です。
少ないということで効果も少ないのではと心配になるかもしれませんが実はそうではありません。

低用量ピルは容量は少ないながらも毎日まなければいけない薬ですし的確に飲んでいる限りは確実に避妊効果を得られます。
飲むタイミングさえ見計らえば飲んだその日から避妊の効果が得られるのです。
毎日飲んでいれば毎日が安全日になります。
実際には偽薬を飲む期間もありますが、これも忘れずに飲んでいれば問題ありません。

性行為をしてから避妊をするのではなくその前に妊娠しない体を作る目的のものですのでそれほど容量は多くなくてもいいのです。
むしろ避妊の効果についてはモーニングアフターピルよりも高いので確実に避妊したい方はこちらの方を使うようにしてください。
モーニングアフターピルの場合は容量が多いものの一度しか服用しない薬ですのでそもそも使用方法が低用量とは違いますので比べることはできません。

低用量ピルは色々な避妊方法の中で非常に成功率の高い避妊方法です。
コンドームも的確につけていれば成功率は高いのですがずれて失敗することもあるのでピルのほうが正常率は高くなります。

望まない妊娠をすることは非常につらいことですので自分の人生のためにも確実な避妊に低用量ピルを活用してください。

あと低用量ピルの種類によって効果に違いがあるということはありません。

日本で処方されている物とそうでないものがありますがどれでも避妊効果は同じです。
ただ副作用や価格などに違いがありますので不安な方は日本で販売が認められているものを使うようにしましょう。

サイト内検索
人気記事一覧